台所の床にフローリングを使ってほしくない理由

台所の床には居間からの延長で
フローリングを使うお宅もありますが、
オススメ出来ません。

居間と台所が続いているお宅は、
同じ床材を使う事で空間を広く見せる事が
出来る利点があります。

しかし、台所という機能を考えると、
フローリングは不向きです。

その理由は、水を使う空間の床には
木材は適さないという事です。

台所は水を常時使う場所ですので、
水をうっかり床にこぼしてしまう事がよくあります。

すぐ拭くから問題ないと思うかもしれませんが、
水をこぼす拭くを繰り返していると、
フローリングの表面がどんどん弱ってきてしまいます。

シミや割れ、変色を起こしてしまいます。
やがてフローリングの表面が劣化してしまい、
そこから水を浸食させてしまい床根太や
構造材までへと水分を浸透させてしまいます。

結果的に、木構造材を腐蝕させてしまい
建物の寿命を短くしてしまいます。

フローリングに特殊なワックスなどの
表面加工をすると水を弾くので問題ないという方も居ますが、
その効果は持続しません。

古くなるとそのようなケアも乏しくなってしまい、
途端にフローリングをダメにしてしまいますので、
全く意味がありません。

古いお宅には水廻りの床がブカブカとしているお宅がありますが、
それは台所の水が床の深くまで染み渡っている証拠と言えます。

フローリングの台所では、
このような状態が起きやすいのが現状です。

内装は見た目も重要ですが、
機能的な物を使うのが本来の正しい選び方です。

<< Next 台所の床材の選び方

壁紙のリフォームで浮きが出てしまう原因とは~材質選び

前回書いた続きで、
リフォームの際に壁紙の浮きを軽減させる為には、
お客様の方でも注意してほしいのは選ぶ材料の質です


壁紙には様々な種類があり、
薄い物や堅い物、厚手の物等があります。

浮きやよじれを出しにくい壁紙は、
厚手の壁紙を使う事です。

厚手の壁紙を使うと、
薄っすら壁紙が浮いたとしても
目立ちにくくさせる事が出来ます。

逆に薄手の壁紙を使うと、
少し浮いただけで物凄く
目立ってしまいますので、
オススメ出来ません。

リフォームの際の壁紙を選ぶ際には、
壁紙の見本帳の壁紙を指で触って
厚手の物を選ぶようにしましょう。

壁紙屋さんの不手際じゃなくても、
壁紙屋さんは1回は綺麗にアフターケアをしてくれます。

無料で直してくれる壁紙屋さんが殆どですので、
気軽に声をかけて浮きやよじれを直してもらいましょう。

浮きもよじれも、カッターを綺麗に入れて
空気を出して納める工法が一般的です。

その上から綺麗にローラーを掛けてくれるので、
とても綺麗な仕上がりになります。

入隅部分は、空気を抜いた後ジョイントコークという
シーリング材を入れて綺麗に納めてくれます。

堅い材料を選んでしまうと、
このような空気を抜いた後の仕上げが
しっくりこなくなってしまいますので、
オススメ出来ません。

選ぶ材料によって、古い建物の壁紙の
リフォームが綺麗にしっくりいきます。

古い建物のリフォームの精度の高さを作るのは、
材料を選ぶお客さん次第とも言えます。

<<Next 台所の床にフローリングを使ってほしくない理由

壁紙のリフォームで浮きが出てしまう原因とは

壁紙リフォームを行った場合、
壁紙に浮きやよじれが発生してしまうと、
嫌な感じになってしまいますよね。

すぐに思いつくのは、壁紙屋さんの技術力の
乏しさではないでしょうか?
ついつい、クレームで直したくなる方も
多いのではないでしょうか。

確かに技術力の乏しさで壁紙の仕上がりに
不具合が生じる事はありますが、
浮きやよじれが出てしまう
原因の大半は、建物自体に問題があります。


リフォームで壁紙を貼り替えるような建物は、
築年数が経っている建物が大半です。

築年数が経っている建物はもろくなっているので、
常に建物に揺れが発生しています。

壁紙は、ジョイント部分にパテを埋めて
平らにした上で貼るので、
きちんと平らになり浮きやよじれが出ないようになっております。

しかし、リフォームとなると、
既存の壁とパテの密着が100%しっくりいかないので、
建物が動く事でジョイント部分から空気が入ってしまいます。

その影響で壁紙に、浮きやよじれが出てしまいます。
いわば、仕方のない事と言えます。

残念ながら、下地のプラスターボードを張り替えても
構造材事態に動きがあるので、対処出来ません。

腕の良い壁紙屋さんは、リフォームの場合は
ジョイント部分にメッシュテープを入れる事で、
浮きやよじれを回避できる状態にしてくれる場合もあります。

しかし、耐えられない程の動きがある建物では、
ジョイントテープも役に立ちません。

リフォームの際に壁紙の浮きを軽減させる為には、
お客様の方でも注意してほしい事があります。


それは、選ぶ材料の質です。

<<Next 壁紙のリフォームで浮きが出てしまう原因とは~選ぶ材質

茶色いシミは雨漏りのサイン

天井や壁など、ふと見ると茶色いシミがあるのを発見する事あると思います。
そのシミ、単なる汚れではありません。


壁や天井に現れるシミは雨染みの恐れがあり、雨漏りを起こしている建物と言えます。
シミが出来ている状態までなっていると、かなりの雨漏りが進行している証拠となります。
放っておかず、点検をして対処をする事を強くオススメします。


雨染みが起きている部分の小屋裏などを確認すると、雨漏りにより色ムラなどが出来ています。
このような状態が見受けられたら、1日でも早く雨漏りの補修工事を行わなくてはいけません。


雨漏り補修が終わったら、内装も綺麗にリフォームをしましょう。
雨漏りをした内装は水を含んでいるので、カビなどの有害物質を発生させてしまう恐れがあります。
カビは毒ですので、放っておくのは危険です。

雨漏りの修理はあなたならどうやって業者さんを探しますか?
知り合いに修理できる業者さんがいればいいですが、
なかなかそうもいかないですよね。
今はインターネットでなんでも探せる時代です。
インターネットを使って「防水工事 名古屋」などのキーワードで
Googleやヤフーで検索してみるのも良いでしょう。

業者が決まったら、どのように修理するのかと言うと、
まずは天井と壁は、木下地から取り替えます。
雨漏りの補修で内装工事を行う場合、木下地は残してボード等を
新規で張る場合がありますが、出来れば避けてほしいです。


木下地にも雨が沁みている場合が多く、そこからカビを発生させてしまいますので、良くありません。
雨漏りのカビの影響でアレルギーになってしまう方も居る程ですので、雨漏りのカビを甘く見てはいけません。


木下地を取り替えた上で、ボードを貼り替えてビニールクロス等の仕上げを行いましょう。
ビニールクロス等の仕上げの色ですが、出来れば白っぽい色をオススメします。


その理由は、1度雨漏りをしている家は、補修をしても似た様な場所から雨漏りをしてしまう事があり、
その場合白い内装ですと茶色いシミが発見しやすいからです。


濃い色の内装ですと雨染みが発見しにくくなってしまうので、建物に良くありません。
真っ白い内壁が嫌でしたら、ちょっとクリームがかった色でも良いでしょう。


雨漏りが発見されたら、クリーンな状態に戻す事が理想となります。
見た目だけを直すのではなく、雨の影響を与えられた部分は極力取り除くよう心がけましょう。



雨漏りは風が付いて起きた状態となると、火災保険の風災被害が該当します。
雨漏りで色んな部分を取り替えるのは費用がかかるからと敬遠される方でも、
火災保険はどこのお宅でも殆ど入っている保険ですので、まかなう事が出来ます。


詳しくは、ご加入の火災保険をチェックし、該当するのかを調べてみましょう。
雨漏りの補修工事は、火災保険でまかなっている方は結構いらっしゃいます。
その為、取り替えられる部分は全て取り替えて、クリーンで快適な建物に仕上げましょう。