台所の床にフローリングを使ってほしくない理由

台所の床には居間からの延長で
フローリングを使うお宅もありますが、
オススメ出来ません。

居間と台所が続いているお宅は、
同じ床材を使う事で空間を広く見せる事が
出来る利点があります。

しかし、台所という機能を考えると、
フローリングは不向きです。

その理由は、水を使う空間の床には
木材は適さないという事です。

台所は水を常時使う場所ですので、
水をうっかり床にこぼしてしまう事がよくあります。

すぐ拭くから問題ないと思うかもしれませんが、
水をこぼす拭くを繰り返していると、
フローリングの表面がどんどん弱ってきてしまいます。

シミや割れ、変色を起こしてしまいます。
やがてフローリングの表面が劣化してしまい、
そこから水を浸食させてしまい床根太や
構造材までへと水分を浸透させてしまいます。

結果的に、木構造材を腐蝕させてしまい
建物の寿命を短くしてしまいます。

フローリングに特殊なワックスなどの
表面加工をすると水を弾くので問題ないという方も居ますが、
その効果は持続しません。

古くなるとそのようなケアも乏しくなってしまい、
途端にフローリングをダメにしてしまいますので、
全く意味がありません。

古いお宅には水廻りの床がブカブカとしているお宅がありますが、
それは台所の水が床の深くまで染み渡っている証拠と言えます。

フローリングの台所では、
このような状態が起きやすいのが現状です。

内装は見た目も重要ですが、
機能的な物を使うのが本来の正しい選び方です。

<< Next 台所の床材の選び方

壁紙のリフォームで浮きが出てしまう原因とは~材質選び

前回書いた続きで、
リフォームの際に壁紙の浮きを軽減させる為には、
お客様の方でも注意してほしいのは選ぶ材料の質です


壁紙には様々な種類があり、
薄い物や堅い物、厚手の物等があります。

浮きやよじれを出しにくい壁紙は、
厚手の壁紙を使う事です。

厚手の壁紙を使うと、
薄っすら壁紙が浮いたとしても
目立ちにくくさせる事が出来ます。

逆に薄手の壁紙を使うと、
少し浮いただけで物凄く
目立ってしまいますので、
オススメ出来ません。

リフォームの際の壁紙を選ぶ際には、
壁紙の見本帳の壁紙を指で触って
厚手の物を選ぶようにしましょう。

壁紙屋さんの不手際じゃなくても、
壁紙屋さんは1回は綺麗にアフターケアをしてくれます。

無料で直してくれる壁紙屋さんが殆どですので、
気軽に声をかけて浮きやよじれを直してもらいましょう。

浮きもよじれも、カッターを綺麗に入れて
空気を出して納める工法が一般的です。

その上から綺麗にローラーを掛けてくれるので、
とても綺麗な仕上がりになります。

入隅部分は、空気を抜いた後ジョイントコークという
シーリング材を入れて綺麗に納めてくれます。

堅い材料を選んでしまうと、
このような空気を抜いた後の仕上げが
しっくりこなくなってしまいますので、
オススメ出来ません。

選ぶ材料によって、古い建物の壁紙の
リフォームが綺麗にしっくりいきます。

古い建物のリフォームの精度の高さを作るのは、
材料を選ぶお客さん次第とも言えます。

<<Next 台所の床にフローリングを使ってほしくない理由

壁紙のリフォームで浮きが出てしまう原因とは

壁紙リフォームを行った場合、
壁紙に浮きやよじれが発生してしまうと、
嫌な感じになってしまいますよね。

すぐに思いつくのは、壁紙屋さんの技術力の
乏しさではないでしょうか?
ついつい、クレームで直したくなる方も
多いのではないでしょうか。

確かに技術力の乏しさで壁紙の仕上がりに
不具合が生じる事はありますが、
浮きやよじれが出てしまう
原因の大半は、建物自体に問題があります。


リフォームで壁紙を貼り替えるような建物は、
築年数が経っている建物が大半です。

築年数が経っている建物はもろくなっているので、
常に建物に揺れが発生しています。

壁紙は、ジョイント部分にパテを埋めて
平らにした上で貼るので、
きちんと平らになり浮きやよじれが出ないようになっております。

しかし、リフォームとなると、
既存の壁とパテの密着が100%しっくりいかないので、
建物が動く事でジョイント部分から空気が入ってしまいます。

その影響で壁紙に、浮きやよじれが出てしまいます。
いわば、仕方のない事と言えます。

残念ながら、下地のプラスターボードを張り替えても
構造材事態に動きがあるので、対処出来ません。

腕の良い壁紙屋さんは、リフォームの場合は
ジョイント部分にメッシュテープを入れる事で、
浮きやよじれを回避できる状態にしてくれる場合もあります。

しかし、耐えられない程の動きがある建物では、
ジョイントテープも役に立ちません。

リフォームの際に壁紙の浮きを軽減させる為には、
お客様の方でも注意してほしい事があります。


それは、選ぶ材料の質です。

<<Next 壁紙のリフォームで浮きが出てしまう原因とは~選ぶ材質

ペットを飼われているお宅に最適な内装材~天井

これまでに、「床」「内壁」と書いてきましたが、
今回は「天井」です。



・天井
天井は嫌な臭いが上がりやすく、
臭いが吸着してしまいやすい性質があります。
その為、消臭効果があるビニールクロスが、オススメです。
また、音も天井に響きやすいので、
吸音性があって臭いを抑制してくれる天井が理想です。
大建のイオニカは、吸音性と生活臭の吸着効果があるので、
ペットにはとても最適の天井になります。

ペットの内装というと、居間や居室にばかり
目を向ける方も多いと思います。
意外と盲点になっているのが、玄関ホールです。
玄関ホールは外部の方も入ってくるので、
住人には解らないペット臭を発してしまいます。
玄関ホールも、ペットに適した内装材にすると、
来客に嫌な臭いを与えない空間にする事が出来ます。

また、飼い主の外出が多いご家庭では、
締め切ったお部屋でペットを飼うのは、ペットにとって良くありません。
24時間換気システムや、木製建具にペットドアを設けてあげると、
ペットにとって快適な住まいになります。
換気と通気があると、ペットの抜け毛やダニなどの
繁殖を避ける事が出来るので、
内装だけじゃなく通気や換気にも目を向けましょう。

<< Next 壁紙のリフォームで浮きが出てしまう原因とは

ペットを飼われているお宅に最適な内装材~内壁

前回は「床」について書きました。
今回は「内壁」です。



・内壁
犬や猫は爪で内壁をすぐに傷つけてしまうので、
簡単にガタガタにしてしまいます。
オススメなのが、表面が堅い腰壁を設ける事です。

サンゲツのスーパー耐久性(ペット対応)は、
ひっかき傷に物凄く強く、
通常のビニールクロスの10倍以上の強度を持った壁紙です。
建材のパネル式の腰壁材よりも丈夫ですので、オススメです。

また、ペット対応クロスは表面が堅い加工になっているので、
傷が付きにくい内壁にする事が出来ます。
汚れても拭き取る事で綺麗になりますので、オススメです。

腰壁を強度の高い材料にした場合、
その他の内壁部分は調湿や脱臭効果がある壁紙にすると、
ペットの嫌な臭いを抑える事が出来ます。
サンゲツのルームエアーは、
表面加工してある消臭剤が化学反応を起こして
消臭機能を発揮してくれます。

もう1つオススメなのが、INAXのエコカラットです。
調湿機能や消臭機能、空気清浄機能があるので、
ペット独特の嫌な臭いを綺麗に取り除いてくれます。

エコカラットは、壁全体に貼らなくても1部分で効果を発揮してくれるので、
他の壁材と併用して使うと良いでしょう。
白っぽいカラーではペットの汚れが目立ってしまうので、
多少色が付いた壁がオススメです。

<< Next ペットを飼われているお宅に最適な内装材~天井