壁紙のリフォームで浮きが出てしまう原因とは~材質選び

前回書いた続きで、
リフォームの際に壁紙の浮きを軽減させる為には、
お客様の方でも注意してほしいのは選ぶ材料の質です


壁紙には様々な種類があり、
薄い物や堅い物、厚手の物等があります。

浮きやよじれを出しにくい壁紙は、
厚手の壁紙を使う事です。

厚手の壁紙を使うと、
薄っすら壁紙が浮いたとしても
目立ちにくくさせる事が出来ます。

逆に薄手の壁紙を使うと、
少し浮いただけで物凄く
目立ってしまいますので、
オススメ出来ません。

リフォームの際の壁紙を選ぶ際には、
壁紙の見本帳の壁紙を指で触って
厚手の物を選ぶようにしましょう。

壁紙屋さんの不手際じゃなくても、
壁紙屋さんは1回は綺麗にアフターケアをしてくれます。

無料で直してくれる壁紙屋さんが殆どですので、
気軽に声をかけて浮きやよじれを直してもらいましょう。

浮きもよじれも、カッターを綺麗に入れて
空気を出して納める工法が一般的です。

その上から綺麗にローラーを掛けてくれるので、
とても綺麗な仕上がりになります。

入隅部分は、空気を抜いた後ジョイントコークという
シーリング材を入れて綺麗に納めてくれます。

堅い材料を選んでしまうと、
このような空気を抜いた後の仕上げが
しっくりこなくなってしまいますので、
オススメ出来ません。

選ぶ材料によって、古い建物の壁紙の
リフォームが綺麗にしっくりいきます。

古い建物のリフォームの精度の高さを作るのは、
材料を選ぶお客さん次第とも言えます。

<<Next 台所の床にフローリングを使ってほしくない理由