ペットを飼われているお宅に最適な内装材~床

ペットを飼われているお宅では、
床や壁に傷を付けられたりと色々大変です。

傷や汚れが増える度にリフォームするもの良いですが、
傷やニオイ等に対応できる内装材を使うと
長持ちをさせる事が可能となります。
どのような内装材がペットが居ても
快適な内装になるのか、まとめてみました。



・床
犬は爪を立ててひっかく習性がありますので、
床は傷つきにくい材料が理想です。
また、犬猫は素材により滑りやすくなってしまうので、
滑りにくい材料を選ぶのも大事となります。
この2つに加えて、お手入れが簡単な床材を選びましょう。

東リのニュークリネスシートや
ファブリックフロア、サンゲツのH-FLOORペット快適専科、
ペット専用のフローリング大建工業のワンラブフロアⅡ、
タイルがオススメです。

ワンラブフロアは、ペットの足腰への負担を
軽減させる効果もありますので、
ペットの健康にも対応する事が出来ます。

どうしてもカーペットが良い方は、
タイル状になっているタイルカーペットがオススメです。
汚れたら洗う事が出来るので、清潔を保つ事が出来ます。

これらは、おしっこをサッと拭く事が出来るので、
お手入れも簡単で清潔です。
タイルは冷たさを感じますが、
床暖房と組み合わせる事で快適な床として使っているお宅があります。

畳は、防水加工のレザー畳がオススメです。
傷が付きにくく滑りにくく丸洗いも出来るので、
ペットが居るご家庭の和室も清潔を保つ事が出来ます。


<< Next ペットを飼われているお宅に最適な内装材~内壁