フローリングの張替えのタイミング

床材は、毎日歩き回る事で相当酷使され、
どんどん傷んでいきます。

フローリングは、どのようなタイミングで
皆さん張り替えようと思うのでしょうか。

おおよそ、10~15年程が
タイミングの理想と言われています。

フローリングの張替えの判断ポイントは、
下記が挙げられます。

・床鳴り
・床のキシミ
・床のたわみ
・傷や汚れ、色あせの酷さ
・表面の仕上げの板が剥がれてきた


フローリングに明らかな不具合が生じているのに、
あまりにも長期間放っておくと、
根太や大引き、土台にまで傷みが広がる場合があります。

そこまで致命的な状態になってしまうと、
大掛かりな修繕となってしまいますので、
必要以上の費用がかかってしまいます。

傷みやきしみ等は、
軽度の状態でフローリングの張替えをする事を
オススメします。

その他、このようなタイミングで
フローリングの張替えを行うお宅もあります。

・壁紙のリフォームの際に一緒に張り替える
・お部屋のイメージをガラッと変えたい
・家族が結婚したのでけじめとして床をリフォームしたい
・環境を考えて高機能のフローリングに張り替えたい


床に不具合を感じる場合は、
床下地のリフォームも一緒に行いましょう。

床がたわんだりきしんでいる場合は、
床下の何かが腐蝕している場合があります。

1番に考えられるのは、外壁等からの雨漏りによって
床構造材に浸食し、腐蝕を起こしているパターンです。

このパターンは意外に多く、雨漏りが床構造材に
長期間水を浸食させる事で影響を及ぼしてしまうのです。

フローリング張替え時には、
必ず下地のベニヤ(若しくはコンパネ)を剥がして、
床下の構造材部分に不具合が無いのかを必ず確認しましょう。

フローロングの張替え時は、床下の点検を出来る絶好のチャンスです。
フローリングを撤去し、下地のベニヤ(もしくはコンパネ)も取り除きます。

その下の床根太や根太受け、大引き、土台の
腐食も考えられますので、細かく点検をします。

少しでもおかしいなという部分は、
きちんと補修して頑丈な状態にしてから、
再度床を組んで新規床材を張り替えます。

全て点検をして、それほど床下地が傷んでいないと
確認出来た場合が、そのまま復旧して
フローリングのみを新規で取り替えても大丈夫です。

<< Next 機能的なフローリング